新幹線の特徴や歴史

移動手段として多くの人が利用し浸透している新幹線は、日本人にとって、とても馴染みがある乗り物です。速くてカッコいいデザインの新幹線は子供にも人気があります。旅行をするときや出張に行くときなどに、新幹線を利用する人が多いです。高速バスよりも速く、飛行機よりも手軽に乗車することができる新幹線は、日本国民の足として多くの人が利用しています。

現在新幹線はJR各社が運営していますが、1964年の東海道新幹線が開業した当時は国鉄が運営していました。その後山陽新幹線、東北新幹線、上越新幹線が開業しました。現在も拡張工事が進んでおり、北海道新幹線や九州新幹線の工事も進んでいます。歴史がある新幹線ですが今でも工事をしています。地元住民が快適に生活するだけでなく、旅行でその地に行く観光客も増えるので、地域が活性化するメリットもあります。

歴史がある新幹線はスピードも速く、現在の最高速度が東北新幹線の320キロになります。世界に誇れるスピードだからこそ、日本人だけでなく世界中に知られている乗り物です。今後も新しい車種の車両が速いスピードで走れるようにJR各社も開発をしています。新しいデザインの新幹線は、見た目だけでなく乗り心地やスピードにもこだわっています。

当サイトでは新幹線の特徴や種類、歴史などについて解説しています。興味がある人やこれから新幹線のことを知っておきたいと思っている人に最適な内容になっています。


<<関連リンクの紹介>>
主要都市である東京と大阪を結ぶ東海道新幹線は、仕事や旅行など色々な用途で使われています。こちらのサイトでは東海道新幹線の回数券をお得に販売しているので、ぜひ利用してみてください ⇒ 東京 大阪 新幹線

Copyright © 日本の交通手段として確立されている新幹線のことをご紹介, All rights reserved.