新幹線のスピード

新幹線と言ったらスピードがとても速い乗り物というイメージを持たれている人も多いのではないでしょうか。全国を走っている新幹線の中で最高速度を出しているのが東北新幹線です。最初に開業した東海道新幹線ではなくて東北新幹線ということに驚いている人も多いのではないでしょうか。東北新幹線の宇都宮と盛岡の間で時速320キロを出すことができます。

次に速いスピードを出すのが山陽新幹線です。姫路と博多の間で時速300キロを出すことができます。時速300キロ以上を出せるのは東北新幹線と山陽新幹線しかありません。

200キロ後半になれば東海道新幹線が時速285キロ、東北新幹線の大宮と宇都宮の間と山陽新幹線の新大阪と姫路の間で最高時速275キロで走る区間があります。この他にも北陸新幹線や九州新幹線で最高時速が260キロ、上越新幹線の最高時速が240キロ、ミニ新幹線と言われている秋田新幹線と山形新幹線が時速130キロになります。

このように新幹線が走る場所によってスピードが異なります。今後も車両の開発などが進むとさらに早い新幹線がデビューするのも遠い話ではありません。どの新幹線も早いからこそ旅行や仕事で利用する人が多い乗り物ですね。

Copyright © 日本の交通手段として確立されている新幹線のことをご紹介, All rights reserved.