新幹線の定義

日本全国を走っている新幹線は時速200キロ以上で高速走行が可能な幹線鉄道の車両を新幹線と定義しています。普通の電車や列車はそこまで速く走ることができません。時速200キロ以上で走れる区間はすべて新幹線ということになります。

新幹線は一般の鉄道車両よりも速く走るために様々な工夫が施されています。標準軌と言われているレールの幅が通常よりも広い1,435mmとなっています。さらに2万5000ボルトの電圧で車両を動かしています。通常は2万ボルトで一般的な鉄道を動かしているのでとても高圧ということが分かります。

新幹線は東海道新幹線の東京駅と新大阪駅間で、東京オリンピックが開催された1964年に開業しました。開業当時の営業最高速度は時速200キロでした。しかし新幹線の形状やその他の技術の改良など、常に進化をし続けています。その結果現在は、320キロで走る東北新幹線が最速になっています。

スピードが速いということと、誰でも手軽に利用できるということもあって、新幹線はバスや飛行機には無いメリットの恩恵を受けながら移動することができます。旅行に限らずビジネスでも容易に移動することができるのが新幹線のメリットではないでしょうか。

Copyright © 日本の交通手段として確立されている新幹線のことをご紹介, All rights reserved.